お知らせ

LINE@への登録はこちらからどうぞ

ブログでは言えない秘密のトークをディープにお届け。ゲリラプレゼントもやってます。

友だち追加

【ダンスミュージック先進国・オランダのアムステルダムで開催】ADE 2017 体験記【Day3(10/20)】

スポンサーリンク

ADEの中盤のDay3(10/20)レポートです。

昨日に引き続きConference「ADE Sound Lab 2017(都合3本!」を昼から夕方まで、夕方から夜にかけて念願のTechnoイベント「Awakenings x Paul Kalkbrenner presents Back to the Future」、夜中は「DGTL x Paradise in Amsterdam」と、またまたてんこ盛りにしてしまいました笑

ADE Day3スタート!

ADE Sound Lab 2017

1. DJsounds with Ferry Corsten

今日はお目当てのプログラムの1時間前ぐらいにDe Brakke Grondに到着

予定には入れていなかったけれど、Day2に引く続きDJsoundsを観覧。そしたら、プログラムには載っていなかったのに、何と昨晩Luminorcityのピークタイムに出演していたFerry Corstenが出演していました。

大物DJが期せずして連日で拝めてしまうのはADEならでは笑

Day3|Ferry Corsten
Ferry Corsten

今日は他にPryda RecordingsBedrock recordsからリリースをしているJeremy Olanderもプレイしていたようだ。トークショーで重なってしまったのだが、仕方ないとはいえ悔やまれました。

Jeremy Olander

2. Studio XL: Oliver Heldens / The Evolution of My Sound: Nina Kraviz

今日のトークショーではOliver HeledensNina Kravizをフォロー。 Oliverはtech tipsを、Ninaは内面のお話を。

Studio XL: Oliver Heldens

The Evolution of My Sound: Nina Kraviz

この日も、そしてどちらのプログラムでも学生と思しき若い男の子、女の子が前のめりにメモをとったり、PCを開いたり積極的にその機会を通じて吸収しようという姿勢が印象的でしたね。

それにしても比べることがいいのかわからないが、日本とは正反対の空気感。

日本の学びの環境は全てがそうだとは言わないけれど、「大学生は毎日が日曜日、身分のあるリゾート状態」というのが、残念ながら未だに改善されていません。

自分も大学生の時はOne of Themだったので偉そうに言えることではないのですが、学生とはそもそも能力を開発する絶好の時期であり、その時期に吸収したことが大人としての自分を形成するわけですからね。

「教える方」「教えられる方」「教えること」というのが最適化していないと、未来を担う人材の能力開発は行われなません。

その「最適化」していくことは、僕も社会の中堅層としてこれから取り組んで行くべきことだと思うのです。

他にも別室でJoris Voorn(参加の予定はなかったがJay Hardwayもラインナップにあり)のWorkshopをやっていて参加するつもりだったのだが、登録優先順とかのためか入れてもらえず、残念。。

Awakenings x Paul Kalkbrenner presents Back to the Future

そして、雨が降り日が暮れるぐらいの時間に世界トップクラスのTechnoベニューの名を持つGashouderで連日行われているへAwakeningsへ参加。

今回はTOMORROWLANDのメインステージでもプレイした鬼才Paul KalkbrennerプレゼンツのBack to the Futureへ。

Gashouderは元ガス工場を改築した多目的イベントホール。

キャパシティは幕張メッセのメインホールを円形にして若干大きく感じるぐらいだろうか。ここはAwakeningsの顔とも言える場所で、イタリアのTechno DJ、Joseph Capriatiは「Gashouder」という曲を制作したほどです。

フロアは大きなメインのみだが、オーディエンスでいっぱいだ。サブフロアを無理に作ったり、出演者の数を増やしたり、別ジャンルを用意することはありません。

出演者もSimina GrigoriuMichel de HeyDJ Pierre vs PHUTUREPaul Kalkbrennerの4組のみ。

このスケール感、世界観、上質で大きなサウンドシステム、そしてライティングやFIREWORKS(ムーヴィには撮れなかったが、会場の上空をロケット花火が飛び交う)といった演出は、極上でエクスクルーシヴさが満載でした。

写真やムーヴィには収めきれない凄さがGashouderにはありますよ。

Technoに普段は馴染みがない人もダンスミュージックが好きな人は一度はGashouderのAwakeningsを体験してもらいたいところです。

*GashouderやAwakeningsをトップブランドにしている立役者様を隣から撮影w

DGTL x Paradise Records

オールナイトのイベントはオランダのこれまた名門TechnoイベントのDGTLと世界屈指の人気Techhouse DJであるJamie Jones主催のParadiseとのADEスペシャル・エディション。

ParadiseはIBIZA島のクラブDC10を始め世界各地で開催されており、CIRCOLOCOElrowに並ぶ超人気イベント。2017年はTOMORROWLANDにもステージができていましたね。

なおJamie Jonesが運営するレーベルHot Creationの作品は、オンラインDJトラック販売サイト野Beatportの総合ランキングで上位になることが近年非常に多く、JamieもHot Creationも実質世界トップクラスの人気と言っても過言ではないでしょう。

AwakeningsにおけるGashouderと同じく、DGTLの会場といえばNDSM。ここはアムステルダムの再開発地区でだだ広い倉庫が印象的。

日本で言うと新木場や芝浦付近が近いイメージでしょうか。

NDSMもとにかく広い!!

フロアはメインとサブフロアの2つでしたが、サブフロアだけでも日本(東京)で言うとWOMBやVISIONぐらいの広さぐらいでしょうか。

メインフロアは、おそらくStudio Coastのアリーナの1.5倍ぐらいで、フロアの半ばにもスピーカーが吊るしてあるほどのマンモス感。

ParadiseはJamieを始め、Matadordubfire、そして今トップクラスで勢いのあるAndrea OlivaRichy AhmedLauren Lane等々、隙のないラインナップです。

メインはdubfire登場時にはメインのマンモスフロアがいっぱいに、サブのAndrea OlivaとRichy AhmedとのB2Bでは、久しぶりにクラブで超満員電車状態を経験することになりました。

なお、Jamieのプレイ時間は5時-7時だったが、その時間まで体力が持たずギヴアップ・・・

現在TechnoもTechhouseは日本では大箱でメインでプレイされることが決して多くはない状況ですが、オランダではとてつもない人気であることをこの日身をもって経験したのでした。。。

アーカイブ

デジタルフライヤー

[Conference]ADE Sound Lab 2017

10/19 ~ 10/21(12:00 ~ 23:59)@De Brakke Grond

[Techno]Awakenings x Paul Kalkbrenner presents Back to the Future

16:00 – 22:00@Gashouder

[Techno]DGTL x Paradise

22:00 – 07:00@NDSM

本日のルート(クラブ・マップ)

補足情報

スポンサーリンク

さらにディープな情報を知りたいあなたは・・・
LINE@を今すぐ登録!

更新情報の通知から、ブログでは言えない秘密のトークまで不定期にこっそりお届け。イベントチケット、有名フェスグッズなど、ビッグなプレゼントも企画中。

とりあえず登録しておいて損はないよね!

友だち追加