お知らせ

LINE@への登録はこちらからどうぞ

ブログでは言えない秘密のトークをディープにお届け。ゲリラプレゼントもやってます。

友だち追加

[イベントレポート]Richie Hawtinのオーディオ・ヴィジュアル・ショー『CLOSE』の東京公演に行ってきました

スポンサーリンク

MIRAI TOKYOプレゼンツ、Richie Hawtinのソロプロジェクトの『CLOSE』の日本公演が、2018年10月27日に豊洲Pitで行われたので行ってきました。

※『CLOSE』の詳細は以下の動画でRichieが詳しく解説をしています。
いつものRichieのセットに、さらに即興性やクリエイティヴィティをアドオンしたプロジェクトですね。

ラインナップ

こんな感じ。
Richieの前にプレイをするALVA NOTOも目玉ですね。

※ALVAはあの坂本龍一氏とコラボもしていますよ。

会場はチームスマイル 豊洲PIT

会場は豊洲駅ないし新豊洲駅から徒歩で行ける豊洲PIT。
近くでチームラボプラネッツやっていて、すごい行列ができていたので場所はわかりやすかったですw

まさに高い次元でオーディオとヴィジュアルが組み合わさったショー

部分的ではありますが、動画を是非見てください。

即興的にエレクトロサウンドを操り、それにヴィジュアルが呼応する。
そして、それらが折り重なってアートが生まれる瞬間を体感できる。そんな空間にいられた感じでしたね。

あと、撮ったのはALVA NOTEとRichie Hawtinだけになってしまいましたが、オープニングDJのISHIJIMAやAALKOもとてもよい雰囲気を作り上げていましたね。

ALVA NOTE

Richie Hawtin

テクノはレガシーなダンスミュージックではない

ボク個人としてはテクノを初めて聴いてから20年は経っている。

このRichie HawtinのCLOSEを体験して思ったことは、決してレガシーなダンスミュージックではなく、常に時代や空気に呼応して刺激をくれる音楽ということだった。

Richieはテクノの王者でもあるが、PCでのDJを誰よりも早く取り入れたり、DJ Mixerを再定義したりと挑戦をやめることがない。

あまりテクノを聴いたことがない人にテクノを聴かせると、退屈したり全部同じに聴こえたりするという意見をもらったことがあった。

そういう人には一生に一度で良いので、そこそこ高いお金を払って、普通ではなく最高品質なテクノを”体感”してもらいたいと思う。

ポップミュージックとは対極にあるが、息吹、空気、振動、波動etcが、まるでDJMixerに呼応するかのようにあなたを躍動的にさせてくれる。きっと至極の経験になることだろう。

スポンサーリンク

さらにディープな情報を知りたいあなたは・・・
LINE@を今すぐ登録!

更新情報の通知から、ブログでは言えない秘密のトークまで不定期にこっそりお届け。イベントチケット、有名フェスグッズなど、ビッグなプレゼントも企画中。

とりあえず登録しておいて損はないよね!

友だち追加