お知らせ

LINE@への登録はこちらからどうぞ

ブログでは言えない秘密のトークをディープにお届け。ゲリラプレゼントもやってます。

友だち追加

【新時代】ウルトラマイアミ2020のラインナップからEDMが激減した件【テクノとハウス】

スポンサーリンク
アイキャッチ画像引用元:https://ultramusicfestival.com/lineup/
2020年明けて一番大きなイベントはMiami Music Week(マイアミ・ミュージック・ウィーク)。

その中でも日本人には馴染みのあるUltra Miamiは、3/20-22に開催されることになっています

というわけで、このラインナップから窺える2020年代のシーンの動向について「私見たっぷり」「言葉選ばず」お伝えしたいと思います。


EDMのラインナップはさらに縮小・・・

↓ちなみに前回のラインナップはこちら。

↓で、改めて今回がこちら。

まぁこれからラインナップがどんどん足されるので、とはいえEDM勢も何やかんやそれなりに揃うとは思うんですけど、センセーショナル感が出ているのはあくまでも「テクノ・ハウス勢」ですよね

AmelieはEDM全盛だったらこんなにフィーチャーされることもなかったでしょうし、Carl Coxのロゴが3つ躍ることはなかったはずです笑

それにしても今回はResistanceのラインナップが半端じゃなさそうです。

Ultra Japan2019はResistanceステージはなかったのにw

日本では2022年ぐらいにテクノ・ハウスが盛り上がる?

じゃあこの先日本でもテクノ・ハウスが盛り上がるんでしょうか?

僕の答はノーです

正確に言うと、これまでどおり「ダンスミュージックへの感度が高いファンには地味に愛される」というのと「訪日外国人がもしかしたら盛り上げてくれるかも」というぐらいでしょう。

この話を深堀りしてみますね。

今の日本のテクノ・ハウスの勢いはアーリーアダプターのおかげ

2018年の終わりや2019年ぐらいから、日本のクラブでも良質なテクノ・ハウスイベントが増えてきました。

これらのイベントを開催していたり、熱心に足を運ぶオーディエンスが今のテクノ・ハウスシーンのアーリーアダプターです。

これはEDMの時も同じでした。

2012年ぐらいからEDMのイベントが国内で少しずつ生まれ始め、2013年には目立つようになってきて、2014年には初のUltra Japanが開催されました。

このタイミングでは世界的に見てもEDMシーンは脂がのっていました。

僕はその頃都内のクラブでDJを結構頑張っていたけれど、2014年はEDMの新しいトラックメーカーやヒットチューンが続々と登場していた時期でしたからね。

そして2015年から客数が増えてきて、ウルトラジャパンは3Daysにスケールアップ。同時に客層の悪化(=パリピの増殖)しました

これをコモディティ化と呼ぶとしましょう。

EDMのコモディティ化によって”EDM人口”はかなり増えました。

しかし、テクノ・ハウスについては、同じような人口増大は起こらないと思うのです。

2010年代と2020年代は、時代背景や前提条件が大きく異なる

というのも2010年代と2020年代は、時代背景や前提条件が大きく異なるはずです。

  1. ジャンルの特性
  2. テクノロジーの発達
  3. 日本全体の貧困化
  4. 人口減少
  5. ダンスミュージックへの偏見の増大

テクノやハウスが、EDMのときほど日本国内では大きな動きにならないのは、これらが理由です。

ジャンルの特性

平たく言うと、テクノ・ハウスの良さが大半の日本人にわからないということです。

日本という国で、最も身近な音楽文化はカラオケです。

素人の聴くに耐えないかつてのヒット歌を、酒の力を借りて、流行っていたころの時代に思いを馳せ、何なら「あの頃はよかったなぁー」「時代は変わったけど、良いものはイイね!」という歪んだ感情を交えながら、時間を過ごすのがマジョリティなわけです。

EDMは割とこのカラオケ的な共通点もあり、消化がしやすかったから流行ったと思うのですが、アップカミングなハウス&テクノとは対極ですからね。

テクノロジーの発達

2020年代のテクノロジーはこれまでとは全く違う驚異的なものになると言われています。

エンターテイメントのキーポイントとなるのはAR・VR・MRでしょうね。

このブログでは2020年代のテクノロジーの解説までは詳しくは触れませんが、おそらく2025年以降、VRに没入してクラブのフロア、レイブ、フェスが開催されることは間違いありません。

このブログを御覧の方なら、”こんな場でダンスミュージック!?”という切り口のCercleってYouTubeチャンネルを見たことがあると思うんですけど、まさにあれを「部屋の中にいながら」体験できるわけです。

ちなみにVRでDJができるときは、僕も本格的にDJを再開したいですし、何ならVRでDJできるプラットフォームを作りたいぐらいですw

2020年の最初のビッグイベントで示される方向性

とうことで、この2020年発のウルトラマイアミでは、今後のダンスミュージックの未来をあらゆる角度から伺うことができるでしょう。

EDMやトランスが力を持たなくなった今、マイアミウルトラがトレンドセッターになることもないかな?とも思ったんですけど、2016年にはResistanceステージ(スパイダー状のステージも新しかったですね)で、次世代を提示していたことを考えると、やはり目を向けずにはいられないですね。

こちらの記事も併せてどうぞ

【大方当たる予測】2020年代のダンスミュージックシーンの未来予想図【テクノ!ハウス!テクノロジー!】

2020年1月2日

【ウルトラジャパン当日】クラブイベントのほうがいい外タレ来てるからスルーすれば?【ハウス・テクノだけ】

2019年9月11日

【ウルトラジャパン・EDC JAPAN等】「やっぱ行きたい!」「行けなくなった!」「安く行きたい!」に応えてくれるチケット売買サイト3選【利用は自己責任】

2019年9月10日

【単純明快】ウルトラジャパンやEDC JAPANを始め、日本のフェスでなかなかラインナップを発表されない理由【ガラパゴス】

2019年7月5日

【超豪華】2019年のウルトラヨーロッパのラインナップが発表!ジャパンも同じ路線だといいんだけどね!?

2019年6月13日

【初日だけVIPで】EDC JAPAN 2019に行ってきました!【あなたの感想は?満足or不満足?】

2019年5月18日

【期待はずれ?】EDC Japan 2019のラインナップがついに発表!

2019年3月5日

【時代の変化】EDMはもう終わり。これからはやっぱり”ダンスミュージック”だね【テクノ】

2018年5月25日
スポンサーリンク

さらにディープな情報を知りたいあなたは・・・
LINE@を今すぐ登録!

更新情報の通知から、ブログでは言えない秘密のトークまで不定期にこっそりお届け。イベントチケット、有名フェスグッズなど、ビッグなプレゼントも企画中。

とりあえず登録しておいて損はないよね!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA