お知らせ

LINE@への登録はこちらからどうぞ

ブログでは言えない秘密のトークをディープにお届け。ゲリラプレゼントもやってます。

友だち追加

【時代の流れ】ウルトラマイアミのラインナップはEDM減ったけど、ウルトラジャパン2019も同じ路線を期待していい?【オワコン感】

スポンサーリンク

今回で開催5度目となるUltra Japan(ウルトラジャパン)2019

今年は例年より遅い発表で、9/14と9/15の2日間に変更して開催されるとのことだそうです。

さて、今回の記事ではこのUltra JapanとUltra Japan2019について「私見たっぷりに」取り上げたいと思います。

2014年は音楽ファンが大集合ですばらしかった!が、その後は・・・

2014年に上陸したときは、世界的に見てもEDMシーンは脂がのっていました。

僕はその頃都内のクラブでDJを結構頑張っていたけれど、2014年はEDMの新しいトラックメーカーやヒットチューンが続々と登場していた時期でしたからね。

でも、その頃の国内ではEDMの認知度って、まだ低かったと思います。

世界のシーンより大体3年日本のシーンは遅い

20年ぐらいダンスミュージックカルチャーを見てきて、言葉を選ばずに書きましたが事実でして、EDMも例外ではなかったですね。

2015年から客数が増えてきて、ウルトラジャパンは3Daysにスケールアップ。

しかし詳細は伏せますが、客層の悪化(パリピの増殖)が目立ったんですよね。

その頃のEDMカルチャー自体はまだおもしろかったんですが、「音楽には関心はないが馬鹿騒ぎしたい、フェスを巨大居酒屋だと勘違いしている」残念なお方が急増。

まぁ全体母数が増えると、比例して残念なお方が増えるのは仕方ないのですが・・・

ただお客もフェスのコンテンツの一部であり、不毛な時間の過ごし方になりつつあったので、全体母数がさらに増える前にEDMをフォローするのは残念ながらやめました・・・

2019年のMiamiのULTRAのラインナップが基準

さて、Ultra JapanはアメリカのMiami(マイアミ)で行われているUltra Music Festival(ウルトラミュージック・フェスティバル)の言わば”フランチャイズ”です。

“ウルトラ”という名前を出すときは、マイアミのウルトラミュージック・フェスティバルのことを指します

つまり、マイアミのウルトラミュージック・フェスティバルの動きが本来のウルトラの意向や時流ということです。

それを踏まえて今年のマイアミを見てみましょう。

▶Ultra Music Festival – Mar. 29, 30, 31, 2019

時代の流れを受けEDMの勢いは低下、テクノやハウスが主流に

アクトの数が膨大すぎるので、内訳まではしませんがテクノやハウスのヘッドライナーが増えた感があります。

ウルトラって、昔(2000年代のメインステージはTranceがメイン)からミーハー寄りのラインナップだったし、これまでテクノやハウスを大々的に取り上げている感はなかったけれど、時代の節目(201x年の終了、EDMのスターアクトの死去や引退など)ということもあって、大きな変革を感じますね。

なお、興味のある方は英語ですがMiami Music Weekのサイトをチェックしてみて下さい。

テクノやハウスのパーティやラインナップの比重が、かなり増していることを実感できるかと思います。

▶Miami Music Week | March 25-31, 2019

世界のシーンに目を向け、新たな音に出会いそして聴きに行こう

ダンスミュージックシーンのいいところは、代謝がよくマンネリ化しづらいところです。

またフェスのいいところは、お目当てだけでなく、新たな音に偶発的に出会える点にあります。

世の中には、一度気に入った音楽を墓場まで持っていこうとしたり、同時に新しい音や、新しい才能に目を向けなくなってしまう人が結構します。

※ちなみにフェスやクラブに「卒業」という概念を当てはめる人もいますね。

これは日本国内でよく見られるのですが、僕はこれはとてももったいないことだと思います。

ダンスミュージックは、サブカルチャーながら時代やセンスをリードする役割を担ってきました。

そして今、インターネットやデジタル機器のおかげで、僕たちのライフスタイルのグローバル化はますます加速しています。

つまり、そろそろ日本のシーンと世界のシーンの隔たりがなくなってもいい時期なんじゃないかと思うのです。

世界のシーンに目を向け、同じ目線・タイミングで楽しんで行くことでフロアを盛り上げていくことが、日本のオーディエンスやシーンにも必要なのではないかと思います。

ULTRA JAPAN2019開催情報

そんなわけで、マイアミほど豊富なアクト数ではないにせよ、2019年のウルトラジャパンではマイアミのシーンの流れが反映されたラインナップであることに期待したいと思います。

Ultra Japan 2019は、9/14土9/15日お台場ULTRA PARK特設会場で開催です。

※正確な情報は以下の公式サイトにすべて掲載されているので、そちらでご確認ください。▶Ultra Japan – September 14, 15 2019

フェスのチケット安く買いたい人は売買サイト

ウルトラジャパンやEDC JAPANなど、人気フェスのチケットを安く買いたい人は、売買サイトを使うという手もあります

以下の記事でオススメサイトを紹介していますので、よかったら参考にどうぞ。

【ウルトラジャパン・EDC JAPAN等】「やっぱ行きたい!」「行けなくなった!」「安く行きたい!」に応えてくれるチケット売買サイト3選【利用は自己責任】

2019年9月10日

僕の考えに共感してくれる人はLINE@にぜひ登録を!

ここまで読んでいただいて、僕の考えに共感してくれた人は、ぜひLINE@の登録してくれると嬉しいです。

LINE@は、今はブログのサブ的にコラムを送っている感じですが、今後は僕の自腹でTシャツとかおすすめイベントのチケットを差し上げようと思っています。

今の登録者数はたった24人しかいませんが、いずれは数百〜千人ぐらいまで増やして、オンラインサロンにスケールアップし、クリエイティブなことしたり、イベントやったりできたらいいなと思っています。

LINE@への登録はこちらからどうぞ
LINE@でブログでは言えない秘密のトークをディープにお届け。ゲリラプレゼントもやってます。
友だち追加

こちらの記事も併せてどうぞ

【新型コロナの影響】「Ultra Miami(ウルトラマイアミ)2020」が開催中止→ビッグフェスは今後縮小かも

2020年3月5日

【子供だまし】Daydream Festival Japanのラインナップが時代に逆行しすぎな件【オワコン|NOテクノ&ハウス】

2020年1月9日

【新時代】ウルトラマイアミ2020のラインナップからEDMが激減した件【テクノとハウス】

2020年1月3日

【ウルトラジャパン当日】クラブイベントのほうがいい外タレ来てるからスルーすれば?【ハウス・テクノだけ】

2019年9月11日

【ウルトラジャパン・EDC JAPAN等】「やっぱ行きたい!」「行けなくなった!」「安く行きたい!」に応えてくれるチケット売買サイト3選【利用は自己責任】

2019年9月10日

【単純明快】ウルトラジャパンやEDC JAPANを始め、日本のフェスでなかなかラインナップを発表されない理由【ガラパゴス】

2019年7月5日

【超豪華】2019年のウルトラヨーロッパのラインナップが発表!ジャパンも同じ路線だといいんだけどね!?

2019年6月13日

【初日だけVIPで】EDC JAPAN 2019に行ってきました!【あなたの感想は?満足or不満足?】

2019年5月18日

【期待はずれ?】EDC Japan 2019のラインナップがついに発表!

2019年3月5日

【時代の変化】EDMはもう終わり。これからはやっぱり”ダンスミュージック”だね【テクノ】

2018年5月25日
スポンサーリンク

さらにディープな情報を知りたいあなたは・・・
LINE@を今すぐ登録!

更新情報の通知から、ブログでは言えない秘密のトークまで不定期にこっそりお届け。イベントチケット、有名フェスグッズなど、ビッグなプレゼントも企画中。

とりあえず登録しておいて損はないよね!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA